FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
896位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
248位
アクセスランキングを見る>>


国民負担率国際比較


国民負担率について

国民所得に対する国民
全体の租税負担と社会
保障負担の合計額の
比率。
厳密な定義はないが、
国民の公的負担の程度
を示すおおよその指標
としてよく使われる。
国民負担率は租税負担率
(租税負担の対国民所得比)
と社会保障負担率
(社会保障負担、社会保険料
負担の対国民所得比)
とに大別される。
国民負担率は,地方自治体
も含めて政府部内の財政
規模の拡大や医療保険を
はじめとする社会保障制度
の充実に伴い必然的に
増加する傾向。

昨年の総選挙前の記事で
あるが国民負担率の国際
比較が記事があった。

Yomi.DR記事
国民負担率って何? 日本は高いの?

主要要先進国では、
負担率が高いのが
フランスやスウェーデン。
高福祉は高負担が前提。
負担率が低いのは米国。
自分のことは自分で守れ
ですね。

日本は数値的には必ず
しも高い方ではない。
しかし驚くべき高齢化率
を考えると少ないとも
言える。
負担は少ないが多くの人
にそれなりの福祉を提供
すれば当然赤字になる
だろう。
ましてや高齢化率は今後
ますます高くなる。

このような事を明らかに
して所得税、消費税率や
健康保険、介護保険、
の自己負担の率、
それに対する受けられ
る福祉のレベルを将来
どうすべきか、そうなるか
を論議、提案してもらうの
が国会の最重要な務め
だと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1127-3a87b7df

 | ホーム |