FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
896位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
248位
アクセスランキングを見る>>


ベルリンの患者 骨髄移植の動物実験が困難と知る


ベルリンの患者
2008年に世界で初めてHIV感染
からの治癒が確認された患者。
名称は、同患者がベルリン
滞在時の1995年にHIV陽性と
診断されたことに由来する。
白血病を発症して骨髄移植
手術を受けた際HIVのウイルス
が細胞に侵入する際の足掛
かりとなる特定のたんぱく質
をもたないドナーからの骨髄
を提供されたため、治癒したと
考えられている。

でも再現できていない。
実際2009年には白血病も発症
したHIV感染者6人が骨髄移植
を受けたが、4人は移植直後に
死亡し、2人も拒絶反応や
合併症に苦しみながら1年後
に死亡しているらしい。

それに対する動物実験に
対する新しい記事が出ていた。
今まで移植に関しては十分に
動物実験が出来ていないよう
である。

体内で何が起きたのか検証
できるだけでなく、移植手術に
まつわるさまざまな問題を
検証することも可能ということ
でGVHD等が抑えられる
可能性もあるとのこと。

上手くいけばサルに感謝です。

livedoor News
「ベルリンの患者」の謎解明につながるか 骨髄移植の動物実験が成功
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1159-21383c02

 | ホーム |