FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
871位
アクセスランキングを見る>>


発熱もインフルエンザは陰性だが・・ 


先週末から喉の痛みや
鼻水が出ていた。
今週になり発熱したので
月曜日朝一に近所の
内科クリニックに行く。
インフルエンザを疑う
も検査結果は陰性。

陰性でもタイミングに
よっては陽性の場合
もある。
とりあえず抗生剤を出す
ので様子見して治らな
ければまた来てください
と言われる。

昨年インフルエンザ罹患
時も近所のクリニックで
検査して治療をした。
その後血液内科の主治医
と話してその対応で良い
でしょうということであった
ので今回もそうしたので
あるがインフルエンザで
ないとするとそれはそれ
でこれからどうしようかを
考えてしまう。
熱がこのまま下がらなけれ
ば血液内科に行くしかなさ
そうである。

病気持ちに取っては熱が
出ることは慣れているがその
原因がはっきりしていれば
良いが不明の場合が一番
困るのである。

今日の朝も38度超えの熱。
これは血液内科の診察が
必要かなと思っている現在
である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1162-d754cbe8

 | ホーム |