FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
871位
アクセスランキングを見る>>


やはりインフルエンザは陰性


昨日、発熱の原因を
知りたいと思い、
血液内科へ予約外で
受診に行った。

いつもと違う先生での
診察となる。

インフルエンザ検査、
血液検査、
レントゲン撮影
をしてから診察室へ

インフルエンザは陰性、
CRPは12と高い、
胸のレントゲンから
明確ではないが肺炎
らしき兆候があるので
CTを撮って、内服薬で
いくか入院するかを判断
することになる。

CT撮影をしてから
再診察。

わずかに影が出ている
ということで最終的には
前日クリニックで出された
抗生剤で良いが日数は
2週間飲み切った方が
良いという事で同じ薬の
日数が増加分の処方箋
が出された。
もう少し違う薬もあるが
今出ている薬でも良いで
しょうという判断。

薬を飲んで様子が変わら
なければ再度来てください
となる。

しかし画像を見ながら説明
を受けても私には違いは
わからない。
問題ない時の画像と重ね
合わせて違いが明確に
なるとかの見せ方が
出来るのではとか全く
違う事を考えていた。

ほとんどの検査をして
もらったので自分でも
結果に納得すると共に
安心した。

しかし近所の内科クリニック
のベテラン先生は血液検査
もレントゲン撮影もしないで
病状を聞いて判断した対処
がほぼ当たっていたことに
なる。
医者の経験値も腕の一つと
言える。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1163-ef6aa9db

 | ホーム |