プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


病院 診療所 クリニック 総合病院


病院 医院 診療所 クリニック

ベット数が多いのは病院は
知っている。

医師法では
「診療所」とは、医師又は歯科
医師が、公衆又は特定多数人
のため医業又は歯科医業を
行う場所であって、患者を
入院させるための施設(=病床)
を有しないもの又は19人以下の
患者を入院させるための施設
を有するものをいう
(第1条の5第2項)。
20人以上の入院設備を備える
施設は「病院」である
(第1条の5第1項)。
病院には医師・看護師・薬剤師
等について
医師:3人以上
看護師:患者3人に対して1人
薬剤師:1人以上
と定義されている。

一方診療所は管理者たる医師
1名のほかは特に人数の基準
はない。

病院以外は医師法では
「診療所」であるが
名称はいろいろある。
「診療所」、「クリニック」、「医院」。
これらは名称の定義は特になく、
自由につける事が出来る。

クリニックは開設者が医師
又は歯科医師個人であるか、
非医師であるかは問われない。
市町村、医療法人、社会福祉
法人等が開設する診療所
もある。

更に大きい「総合病院」の定義
医療法第四条は、
上記の「病院」という条件を
クリアして、患者100人以上
の収容施設を持ち、
診療サービスに
「内科、外科、産婦人科、
眼科及び耳鼻咽喉科」
を含んで、かつ
「集中治療室、講義室、
病理解剖室、研究室、化学、
細菌及び病理の検査施設、
その他諸々」
の施設を持っている施設。
そして、それらの施設を持った
上で、都道府県知事の承認
を得て始めて「総合病院」と
名乗ることが出来る。

総合病院には歯科の存在は
必須ではない。
確かに私が口腔がんを手術
した総合病院は口腔外科は
あるが歯科はない。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1165-34b5017a

 | ホーム |