プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


入院中の差し入れ


入院中の食べ物の
差し入れ。
これは病気によっても
違うと思います。

All About記事
入院中のお見舞い・差し入れに食べ物はマナー違反?

栄養管理史が書いたもの
ですのでこういう内容に
なるとは思います。

地震の経験でいえば
白血病時には食べては
だめなものリストや調理法
に制限があったのでそれ
を避けて食べたいものとい
うかかべられそうなものを
差し入れてもらっていた。

病院食をあまり受け付けない
という状況になっていたので
病院側も全く食べないより
も少しでも口からいれて欲しい
というものあったように思う
ので最初の病院は問題となる
ことは無かった。

移植病院も持ち込んで良いか
の許可をもらうということは
あまりなかったが、移植後
一度冷やし中華が猛烈に
食べたくなり看護師さん経由
で聞いてもらい、コンビニの
ものならば良いでしょうとこと
で許可が出て美味しく食べ
られた記憶がある。

一方口腔がんの時は何
しろ口の中を手術したので
食べることだけでなく飲む
ことも不自由だったので
差し入れという問題以前
の状態。
手術後も退院までほぼお粥
でしたので差し入れ自体を
してもらう余地がなかった。

入院患者から見ると食べる
られる体の状態で持ち込み
制限は楽しみを奪うような
ものと感じる。
でも食事も治療の一環で
病院食以外NGということも
多いと思われる。

食べたいものを自由に食べ
られる幸せは失われて気付
く事の一つである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1169-c210c858

 | ホーム |