FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
871位
アクセスランキングを見る>>


病院格差、医師格差


週刊現代記事
広がり続ける「病院格差」 医者のレベルは病院間でこんなに違った

世の中の流れは速い。
技術進歩、医療の進歩
も速いので当然医師の
知識の差や病院の設備
の差が開いていくのは
まぎれもない事実である。

自分も若いころ病気と
言えば風邪で近所の内科
に行くくらいであったのが、
白血病になり昔の内科は
総合内科で、今は内科だけ
でも色々な治療科がある。

例えば血液、消化器、循環器、
肝臓、内分泌、呼吸器等々。
初診はどこに行けば良い
のかわからない場合もある。
そのために最近は受付の
近くにベテランの看護師さん
がいてどこへ行くべきか
相談に乗ってくれる場所
も多い。

医師もそれだけ各々の病気
の専門性が必要だというこ
とである。

そのうち自身のバイタル数値
や自覚症状からどこの病院の
どこの科のどの先生に行く
のが良いかをAIが教えて
くれる時代になると思われる。

その前にリモートで診断して
くれればなお良いのだが・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1171-1edce058

 | ホーム |