プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


一年間入院しないという目標の愚かさに気づく


2010年の白血病の告知後、
毎年1回以上は様々な原因
で入院した。

それが途切れたのが昨年。
2016年は入院しなかった。
そして今年。
体力的にも免疫的にも少し
自信が持て入院なしで一年
を終える事は当然できると
思っていた。

しかし7月末に肺炎にて入院。
今年は入院をした年になった
のである。

この入院は実は8月上旬の
重要なイベントがあり、そこに
は絶対出席したいという思いが
あり無理に頑張らずに早めに
病院に行って、一番早く治す
方法が必要だった。
それが入院だったのである。

結果重要なイベント前には
退院出来て出席できた。
確かにCRPが異常に高かった
のでそのまま家で静養してい
ても治る可能性は低く、遅れて
病院に行ったとすれば一番
重要な席を欠席あるいは病院
から外出で行くとかになって
いたと思われる。

そして入院はしないという
目標自体が実に愚かなもの
であると改めて気づいた
のである。

体調が悪い時間を短くすること
が自分にも家族にも最重要で
あって、決して入院することが
悪いことでも目標未達でもない。
体調が悪くなったら、早く治す
為に行動をとることが重要。

でも少しでも回復したと感じる
と、これ位の体の不調なら自力
で治ってくれるはずという期待
が大きくなるというのが落とし穴
である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1175-73cd73eb

 | ホーム |