プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


中耳炎とは(1)


中耳炎になったということ
なので中耳炎について
調べておく。

数回に分けます。

中耳炎には種類がある
ため、それぞれの症状に
応じた治療法が存在し、
治療期間も症状によって
異なる。
薬物療法が基本で、
必要に応じ手術療法が
行われる。

耳は、鼓膜より外側の音
の通り道である「外耳」、
鼓膜より奥の音を増幅
させる「中耳」、
奥の音の感知センサーや
平衡感覚を司る器官が
集まる「内耳」に分かれる。

このうちの「中耳」に
細菌やウイルスなどが
感染して炎症が起きる
病気が中耳炎。

「急性中耳炎」
「滲出性中耳炎」
「慢性中耳炎」
などの種類がある。
一般的に中耳炎と言うと
急性中耳炎のことを指す。

・中耳炎の主な原因
外耳は鼓膜で仕切られて
いますが、中耳は耳管と
呼ばれる細い管で鼻腔や
咽頭と繋がっています。
このため、風邪を引くなど
して鼻やのどに炎症が
起こっていると、細菌や
ウイルスなどが耳管を通
って内耳に侵入し、中耳炎
(急性中耳炎)を引き起こす。
特に子供は、
耳管が大人より太くて
短く、水平であるため
細菌やウイルスが
侵入しやすく中耳炎が
起こりやすい。

やはり免疫力や体の
構造から子供には多い
病気だとわかる。

次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1184-81d3f8f5

 | ホーム |