プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


中耳炎とは(2)


中耳炎その2

中耳炎の一般的な症状

急性中耳炎の主な症状は、
「耳痛」と「発熱」。
急性中耳炎が重症化した
場合や、滲出性中耳炎や
慢性中耳炎の状態になると、
耳の聞こえが悪くなる難聴
や耳から膿が漏れ出てくる
耳漏、が起こる。

・ズキズキした耳の痛みが
突然に起こる(耳痛)
・発熱
・耳の聞こえが悪くなる
(難聴)

・急性中耳炎
風邪などの上気道感染症
をきっかけにして、細菌や
ウイルスが耳管を通して
中耳に侵入して起こる
中耳炎。
主な症状は、突然の激しい
耳の痛みと発熱。

・滲出性中耳炎
急性中耳炎が長引くことに
より、耳管の働きが悪く
なっておこる中耳炎。
その他、
副鼻腔炎やアレルギー性
鼻炎などの鼻の病気や、
扁桃腺が大きい場合など
でも耳管の働きが悪くなり、
滲出性中耳炎になりやすく
なります。
炎症により細胞粘膜から染み
出た液体が中耳に溜まった
状態で、急性中耳炎のような
痛みや発熱はなく、難聴や
耳鳴りが主な症状です。

次回に続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1185-9c87ad6f

 | ホーム |