プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


やはり中耳炎 それも滲出性


先週末に発熱と耳の
痛みがありとりあえず
内科に行った。
先生はおそらく中耳炎
だと思うがとりあえず薬
を出すのでそれを飲んで
症状が改善しない場合は
休み明けに耳鼻科に行く
ように言われていた。

薬のおかげだと思うが
発熱は無くなり、耳の痛み
もなくなったが右耳が聞こ
えない状態になる。

休み明けに耳鼻咽喉科へ。
連休明けの為か予想以上
の込み具合であったが、
一人当たりの診察時間が
それほど長くないので45分
程の待ちで診察室へ。

今までの経緯を話して、
喉や鼻の状態を見て
問題の右耳の診察。
中耳炎ですねと言われる。

こちらから急性中耳炎
ですかと尋ねるといえ
滲出性ですと言われる。
最初は痛みがあったので
急性中耳炎から始まった
のではないかと言われる。
急性中耳炎から
滲出性中耳炎に
移行してしまうことも
あるとのこと。

治療は内科で出されて
いる薬は飲み切る。
それと鼻水の処理。
鼻水がたまったり喉に炎症
があると中耳炎が悪くなったり、
長引いたりする。
まずは鼻水を貯めないこと
が良いらしい。

病院で診察後に鼻水を吸う
処置を行った。
それに加え点鼻液を毎日
使うという事で処方される。

内科の薬が終わるタイミング
で再度状態を診るということ
なので今週末に再度行きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1186-3517ba7b

 | ホーム |