プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


中耳炎とは(3)


中耳炎の最終回

治療法について
●急性中耳炎の治療
なってから1週間の間は、 
①~④で乗り切ります
①まずは痛みを止める
中耳炎の痛みは、一晩か、
続いても2~3日です。
痛み止めで乗り切りましょう。
耳の下や、後ろを冷やす
だけでも楽になります。

②「みみだれ」が出たら、
外だけ拭く
うみがパンパンにたまると、
鼓膜に穴が開いて、自然
にうみが出ます。
耳の周りの「みみだれ」は
拭きましょう。
耳の穴の中は、そのまま、
何もしないでいいです。
耳鼻科でうみを吸います。

③腫れがすごく強い時だけ、
抗生剤を飲む
抗生剤は、腫れが非常に
強い時だけ使います。
(中耳炎が原因で高熱が出て
いる時や、痛み止めでも痛み
がとれない時)
ほとんどの中耳炎は、抗生剤
を使わずに治ります。

④菌がこれ以上入らないように
鼻を吸う
「鼻が多いな」と感じたら、こまめ
に鼻を吸いましょう。
家で吸い切れない時は、耳鼻科
に来ましょう。
鼻の通りをよくしておくと、
早く治ります。

●滲出性中耳炎の治療
腫れのピークを過ぎてから
完治までの間で、聞こえを元通り
にしていく時期。
大事なことは一つだけ。
うみが無くなるまできっちり通う

通院の目安は1週間か2週間ごと。
順調に治っているか、みていきます。
途中で鼻水が増えたら、
1週間あけず、早めに鼻を吸い
に来ましょう。

治療を中断してうみが残って
いると、このうみが、繰り返し
中耳炎になる原因になります。
うみの量によっては、2~3ヶ月
かかることも多いもの。
なかなか治らないなあと感じる
でしょうが、これが中耳炎。

耳鼻科に行かない日は、鼻の
つまり具合をよくみましょう。
鼻がかめる子は、よくかんで。
小さい子は、こまめに吸って
あげましょう。
鼻通りを良くして、うみが抜け
ていく道を開けてやると、
早く治ります。

●3ヶ月過ぎてもうみが残ったら?
鼓膜にチューブを入れる方法を
考えましょう。
初めはサラサラしていたうみが、
3ヶ月を過ぎると、ドロッと粘っ
こくなり、なかなか自然に抜け
にくくなります。
さらに、家族も気になるくらいの
難聴がある場合には、鼓膜に
小さいチューブを入れる方法
をおすすめします。

治療は長丁場になることも
稀ではありません。
治療の重要性をよく理解し、
医師の指導のもと根気
よく続けることが重要。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1187-6987e0eb

 | ホーム |