プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


白血病 外来受診(2018年1月)  中耳炎治療中の受診


2018年になって初めて
の外来。
昨年11月から2ケ月
空いている。

午後一の予約。
しかし関東地方は午後
から大雪予報が出ている
ので帰りが心配になる。
少しでも早く帰宅できる
ようにいつもより1時間ほど
早く家を出発。
同じ時間の予約では早く
来た患者から順に診察に
なるので30分以上終了時間
が違う場合がある。
計画通りに1番で呼ばれる。
いつもより1時間待ち時間が
長かったが実際帰りは大雪
になっていたので正解だった。

現在中耳炎で耳鼻科通院中
であり新たな薬も飲んでいる
ので炎症反応やその他の
血液検査結果は悪いので
はと予測しながら診察室へ。

今回の血球値は以下。
()内は数値は前回(11月)の値
白血球数:8.6(8.0)、
ヘモグロビン:9.9(11.0)、
血小板数:190(190)、
CRP:0.0(0.0)、
クレアチニン:1.44(1.51)、
AST(GOT):44(41)、
ALT(GPT):33(41),
HbA1c:6.1(6.0)

11月の値とほぼ変わりない。
CRPも0で炎症反応も全く
問題ない。

主治医へ今の状況を話す。
主治医からは移植すると
中耳炎になる人は多い、
かつ治療が長引くことが
多々ある。
血液検査では既に元の
炎症は収まっているが
難聴が残っている状態
でしょうということ。
移植患者の中耳炎は
結構大変になると知る。

また口腔外科で切開除去
を提案されている唇の
バピローマに関しては
現在血小板数も問題ない
ので手術で削除する方法
で問題はないでしょうという
回答をもらう。

色々大変ですねと主治医に
心配してもらい終了となる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1198-1fc949f7

 | ホーム |