FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


薬の量が一気に増える 混乱する


血液内科から出る薬は
最近は変化なく、
朝:6錠なしい8錠
昼:なし
夜:2錠

なので朝が週3日飲む薬に
だけ注意すれば良かった。

ところが今は耳鼻科に
加えて口腔外科からも
新たな薬が出て
今週は
朝:9錠ないし11錠
昼:2錠
夜:5錠

新しい薬や包装が似ている
薬もあるので量に加え間違
えないように確認するのも
時間がかかる。

各病院の医師には診察時に
お薬手帳の履歴を見せて
新たには問題ない薬を処方
してもらっていが院外処方で
薬局も別なので薬を渡され
るときに結構確認される。

先生には診察時に今の他
の病気も話して薬をもらう
が薬局は処方箋とお薬手帳
だけ出すので同時に何の
病気の治療中なんか
薬剤師にはわからない。
薬剤師さんに間単に説明
して先生にも薬の組み
合わせに問題ないこと確認
してもらっていることを言うと
共に薬剤師さんにも
確認する。
処方される薬のセカンド
オピニオンである。

もう少しで終わる薬もある
のでそれまでは少し気を
つけることにする。
飲み間違いには注意である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1206-d720e166

 | ホーム |