FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


長考に好手なし


将棋の言葉です。
長く考えても良い手は
少ないということ。
持ち時間の長い将棋だ
と一手に一時間以上
考えるのも少なくない。
凡人には何を考えて
いるのだろうか、
詰みまで考えているとか
思うが、詰みまで読め
ればその時点で確認
して指せば良いのである。

『40歳からの適応力』
(羽生善治)
将棋界には
“長考に好手なし”
という言葉があります。
長く考えたけれども結局、
迷いに迷って正しい選択
ができないのです。
長考しているときのほとんど
は考えているのではなく、
迷っていることが多いのです。

人生そのもではないか。
幾つか道が見えている、
どれが良いかの選択を
するにあたり比較したり、
予想したりするのだが
結局最初と同じ結論だ
とすれば迷っている
だけの場合も多い。

確かに十分深く考え抜いて
出た結論は同じでもそれは
意味があるとは思うが、
人間の直観はそれなりに
的を射てる事もあるということ。
世の中エイヤと決めて行動
することも必要。

問題は選択肢自体が出
せない、思いつかない人。
へぼ将棋はこれであり、
幾つかの候補手自体が
そもそもダメなのである。
やはりこれは才能と言うしか
ない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1207-b76c4665

 | ホーム |