プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
263位
アクセスランキングを見る>>


年金支給開始年齢 どう考えるか


現代ビジネス記事
「公的年金」結局、何歳からもらうのが得か損か

個人的には納得できる
部分もある。
また自分は65歳より
少し早めに受給しようと
考えている。
このあたりについては
また書きたいと思います。

公的年金の受給を何歳
からにするのがお得か
について多くのFP等
が書いている。

人生100年時代において
は長生きする可能性が
高いので遅らせるのが
良いという意見の方が
多いように思われる。

しかし寿命をどう考える
とか、時間とお金の考え
方は各人各様である。
働ける間は働いて、私的
年金を含む資産を形成し、
働けない状態、あるいは
十分資産形成してもう
働く必要を感じなくなった
ら公的年金を受給すると
いう基本方針で自分の
状況に応じて決めるのが
一律遅くすべきというより
も理にかなっている。

私のよう既往症があり、
健康でないというのも
大きな要因。

実際に考えても国民年金
だけでは40年かけていて
も現在は年間80万円弱
程度。
金額が少ないので遅ら
せて増加しても微々たる
もの。
厚生年金が多くもらえる
人には意味があるかも
しれないがそういう人は
老後の生活に困る人は
少ないと思われる。

最後に記事内には数値
に間違いがある。
記事中には
現在の支給開始年齢は
基本的に65歳だが、
選択すれば60歳まで
開始を早めることが
できる。
また70歳まで受給開始
を遅らせることもできる。
受給開始を1年遅らせる
と年間受給額が8.4%
増え、逆に早めた場合
には8.4%減る仕組み
になっている。

とあるが
遅らせた場合の8.4%は
正解であるが、
早めた場合は年6%減で、
60歳からで5年早めると
30%減です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1212-09798592

 | ホーム |