プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
263位
アクセスランキングを見る>>


障害年金認定処理期間実績値 処理期間は努力義務


障害年金は申請書類
作成にも手間がかかる
が申請から判断がでる
までも結構時間がかかる。
では今現在実際はどれ
くらい期間がかかって
いるのだろうか?

年金機構は毎年
アニュアルレポートを
出しており障害年金給付
の実績日数が出ている。

目標は
迅速で正確な年金給付の
実施のため、年金の請求
を受けてから、年金を決定
し、年金証書をお届けする
までの標準的な所要日数
をサービススタンダードとし
て設定しています。
各サービススタンダードの
達成状況を適切に把握し、
達成率90%以上を維持す
るよう取り組むこととして
いました。
・サービススタンダード
障害基礎年金 3か月以内
障害厚生年金 3か月半以内

・平均所要日数(日) 達成率
障害基礎年金
平成27年度 52.5日 95.6%
平成28年度 50.3日 96.2%

障害厚生年金
平成27年度 82.0日 90.1%
平成28年度 89.0日 91.7%

障害厚生年金では平均で
3ケ月間かかっていること
がわかる。
でも数値を見ると不思議
なことに障害厚生年金の
平均日数は増えているの
に達成率は上がっている。
異常に時間がかかる案件
が多くなっているということ
なのであろうか。

行政手続法を学ぶとこの
あたりの事が出てくる。
(審査基準)
第五条  
行政庁は、審査基準を
定めるものとする。
2 行政庁は、審査基準を
定めるに当たっては、
許認可等の性質に照ら
してできる限り具体的な
ものとしなければならない。

(標準処理期間)
第六条  
行政庁は、申請がその
事務所に到達してから
当該申請に対する処分
をするまでに通常要
すべき標準的な期間を
定めるよう努めるとともに、
これを定めたときは、これ
らの当該申請の提出先
とされている機関の事務所
における備付けその他
の適当な方法により公
にしておかなければなら
ない。

障害年金で考えると
障害認定基準がホームページ
上に掲載されている。
これは設定し公開しなけれ
ばならない。
標準処理期間は努力義務
であるのでこれより遅くても
問題とはならない。

でも認定を受けても入金
までの期間もあるので実際
は時間がかかりすぎると
感じる人は多いと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1218-c2a5a4af

 | ホーム |