プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


ビールの定義


病気をして全身の粘膜
がやられた。
口の中も例外ではなく
辛いものや発泡性の
ものがNGになった。
冷えたものもあまり体
に良くないということも
あり、とりあえずビール
が全くなくなった。

移植後6年、ビールは
ほとんど飲んでいな
かったが最近やっと
コップに半分くらいで
あればお付き合いが
できるようになった。
これもある意味病気
後から進歩した事と
言えそう。

ビールにはアルコール
度数に違いがあったり、
麦芽の割合の決まり
があることは知っていた
この4月にまたビールの
定義が変わると知った
ので調べた。

ビールの定義
日本では、ビールの
定義を酒税法第3条
第12号で次のように
定めている。

(イ) 麦芽、ホップ及び
水を原料として発酵
させたもの。
(アルコール分が20度
未満のもの)

(ロ) 麦芽、ホップ、水、
及び麦その他の政令
で定める物品を原料
として発酵させたもの。
(アルコール分が20度
未満のもの)
但し、その原料中当該
政令で定める物品の
重量の合計が麦芽
の重量の十分の五
をこえないものに限る。

したがって、その他の
政令で定める物品
(麦、米、とうもろこし、
こうりやん、ばれいしよ、
でんぷん、糖類など)
を麦芽の半分をこえて
使うと、ビールではなく
発泡酒ということになる。

ちなみに4月以前(今)の
酒税法ではビールの
定義の一つとして、
麦芽使用率が約67%
以上となっている。
ビール類の税制を今後
一本化することもビール
自体の定義の変更にも
関係している様である。

アルコール度数は20%
未満であればビールと
呼べるということ今回
始めて知る。

また輸入品ではラベル
にビールとなっていても
日本のビール定義に
合わない物はビール
ではなく発泡酒等として
売っている場合がある
とわかる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1219-082a33d9

 | ホーム |