プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


冬季オリンピック メダル数過去最高との報道 素晴らしいけど一言だけ


冬季オリンピックが閉幕
して少し経った。
少し熱が冷めたようなので
書いておく。

ピョンチャン(平昌)では
日本勢は過去最高メダル数。
各選手の活躍には胸を
打たれました。
特に今回は女子勢の活躍
は素晴らしかった。
メダルを取った選手に注目
が集まっていますがメダル
に手が届かなかった選手
全員に拍手です。

選手には全く責任はあり
ませんが長野オリンピック
のメダル数10個を超えて
最多の13個、過去最高の
成績とマスコミは持ち
上げていますが種目数
がどれだけ増えているか
はほとんど報道していない。
パシュートとかマススタート
とか日本が勝ったから更に
面白い種目とは感じたが
長野の時にはなかった
のも事実。

調べると
長野と平昌は同じ7競技で
68種目→102種目と増えて
いる。
種目数では約1.5倍なので
今回はメダル15個で長野
とほぼ同じレベル。

絶対値だけで過去最高の
活躍と言って良いのだろう
かと変な所に突っ込みたく
なる。

ここで新たな疑問。
冬季オリンピックの
7競技と言われても
全部は言えない。
7競技とは
・スキー
・スケート
・アイスホッケー
・ボブスレー
・バイアスロン
・カーリング
・リュージュ

この分類はあまりピン
とこない。
一方では15種別と記述
している場合もある。
15種別と102種目は
次の通り。

アルペンスキー(11種目)
バイアスロン(11種目)
クロスカントリースキー(12種目)
フリースタイルスキー(10種目)
ノルディック複合(3種目)
スキージャンプ(4種目)
フィギュアスケート(5種目)
スピードスケート(14種目)
ショートトラックスピード
 スケート(8種目)
カーリング(3種目)
アイスホッケー(2種目)
スノーボード(10種目)
ボブスレー(3種目)
リージュ(4種目)
スケルトン(2種目)

こちらの種別の方が分かり
易いとは感じる。

冬に関してはまだ種目が
増えるのであろうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1221-e7d080ba

 | ホーム |