プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


「その他」と「その他の」 違い


法令用語における
「その他」と「その他の」
は使い分けがされる。
中身を知れば実は日常
会話でも使っていると
分かる。

・「その他」
前にある言葉が、並列、
対等の関係にあることを
示す場合に使われる。

・「その他の」
前に出てくる言葉が、
後に続く広い意味の言葉
の一部をなしその例で
あることを示す場合に
使われる。

「A,Bその他のC」とは
最後の「C」には「A」や
「B」が含まれる。
A,BはCの部分集合。
この場合には、最初から
「C」というのと、あまり
違いがAとBを強調ある
いは別格と扱っている。
その他であればA,B以外
にCがあるので包含関係
はない。

例えば
(1)日本、アメリカその他の12か国。
(2)日本、アメリカその他12か国

(1)は12か国の中に日本、アメリカ
が代表的な国であり、その他10
か国を合計して12か国。
(2)は日本、アメリカ以外に
12か国あるので合計14か国。

少し考えればそうとはわかる
が日本語を習う人に区別が
難しいと思し教えるほうも
大変そう。
習ったのでなくそう覚えてい
るという事。

母国語とはそういうもので
習うより覚えろですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1231-f6794746

 | ホーム |