プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


上巳の節句とは言わないし聞かない


昨年12月に女の子
の孫が生まれたので
初節句である。

初節句は子供が
生まれて最初に
迎える特定の節句。

由来とか良く知ら
ないので調べる。

男の子なら最初の端午
(5月5日、こどもの日)、
女の子なら最初の上巳
(3月3日、雛祭り・桃の節句)
が祝われる。
端午の節句は普通に使う
が上巳の節句とはほとんど
聞かない。

そもそも節句とは
年間に五つある。
節句は中国の陰陽
五行説に由来して
定着した日本の暦
における、伝統的な
年中行事を行う季節
の節目となる日
・人日(じんじつ)
(正月7日)
・上巳(じょうし)
(3月3日)
・端午(たんご)
(5月5日)
・七夕(しちせき)
(7月7日)
・重陽(ちょうよう)
(9月9日)

「上巳」は3月上旬
の巳の日を指し、
節句ごとに厄払い
をする風習があり
ました。
そのため元々上巳
の節句では紙、草、
藁等を使った人形
(ひとがた)を作り
自分の厄を移して
川に流すことで、
節目の厄払いを
してきました。
また日本での旧暦
の3月3日の時期には
桃の花が咲く頃でも
ありました。
桃は中国では邪気
を祓うとされ、日本
でも魔除けの木と
されていたので桃
が使われたようで
ある。

ひな祭りの起源は
昔、漢の時代の徐肇
という男おり、3人の
女児をもうけたにも
関わらず、3人とも3日
以内に死んでしまい
ました。
その嘆き悲しむ様子
を見た同じ村の人たち
が酒を持ち、3人の
女児の亡骸を清めて
水葬したことに由来
しているとされている。
それが平安時代なると、
「上巳の祓い」といって、
3月3日に陰陽師を
呼びお祓いをさせ、
自分の身に降りかかる
災難を自分の生年月日
を書いた紙の人形
(ひとがた)に移らせて
川に流しました。
この厄払い様子は
今でも下鴨神社で
行われる「流しびな」
の行事に再現されて
います。

この紙のひな人形
が発展し、現在の
豪華なひな人形に
なったとされている。
また、ひな壇を設ける
ようになったのは、
江戸中期からだそうで、
それまでは畳に直に
じゅうたんを敷き、
人形や調度を飾って
いたとか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1234-04e345ea

 | ホーム |