FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
871位
アクセスランキングを見る>>


がん患者こそ脱時間給へのシフトは歓迎すべき


働き方改革。
裁量労働制拡大は
今国会では断念、
高度プロフェショナル
制度も先行きが不明。

しかし私のようながん
患者にとっては仕事の
時間給から成果給への
シフトは歓迎すべきこと。

個人的に病後に一番
苦しかったのは時間を
拘束されること。
10時間働ける日もある
が2-3時間でもうダメと
いう日もあった。
時間の拘束はは
通勤時間+勤務時間。
フレックス制度や半日
休暇制度も使ったが
それ以外にも方法が
あればなお良い。
患者にとって選択肢は
多ければ多い程良い
のである。

最近は多様性全盛で
あるが今回の働き方
改革に限っては多様性
のたの字も出ないが
不思議と思える。

労働裁量が過労死を
助長するのであれば
既に導入されている
労働裁量制の廃止を
主張すれば良いのに
そこまでは踏み込まない。
労働裁量制自体の
必要性は多くの人
が認めていると言える。
制度の問題でなく運用上
の問題が多くあるので
それを改善することは
重要。

実際に時間給では生産
性が悪い人が多くのお金
を得ている実現も多い。

一方今の社会は仕事
が出来る人に多くの
仕事が行くのである。
労働時間や残業時間
の問題よりも仕事量の
差を問題にすべき。

成果に仕事量を加味
した能力給仕事量給与
が正しいと言える。

しかし日本人の働き方
特に労働時間や量に
関しては三遊間の仕事
は自ら取りに行けとか、
チームでカバーしろとか、
いう日本の昔からの
考え方や価値観を
もっとドライにしなければ
根本解決にならない。
三遊間はもともと誰にも
アサインされてない仕事、
チーム責任はだれかが
足を引っ張っている結果。
事前には明記、明確に
されていない仕事でも
日本ではやって当然、
やらなくてはならない
事になっている。
三遊間を埋めるのは
上層部が人員を配置
すべきであり、
連帯責任、チーム責任
をミスった人の給与を
カバーした人に回す
べきである。
更に年功序列制度を
やめる、
成果の上がらない、
生産性が高くない人、
給与にOutPutが見合わ
ないローパフォーマーは
使用者側が解雇あるいは
減給できる権利を持つ
必要がある。
生産性の向上にこれが
一番。

日本の美徳と言われる
ものを捨てる必要がある
ので日本で今言われている
働き方改革の新制度が
受け入れられるかは疑問
ではある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1236-eddb9797

 | ホーム |