プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


微熱 高熱 発熱 何度から使えば良いのか


発熱したとか
微熱があるとか、
高熱でダウンとか
使う。

体の状態や感じ方
で何となく伝わるが
病院では38度です
とか数値で伝える。

微熱や高熱は何度から
使うのが医学的には
正解なのであろうか。

色々説がありそうだが
一般的には
「平熱の体温は
35度~37度未満」
発熱によって
「37度~38度になった
状態を微熱」、
「38度以上を高熱」
医学的には、
「熱がある状態とは、
37度以上」。

ただし、体温にも
個人差がある。
自分の平均的な平熱
を知っておき、
「平熱より1度高いと
体に異変があるのかも」
と考え、休養するように
しましょう。

とある。

昔書いた覚えがあるが
入院中は1日数回の
検温があるが、38度を
超えるか超えないかが
大きな問題。
37度台だとそのままの
時もあるし、看護師さん
の判断で解熱剤を飲む
事もあったが、38度を
超えると医師に判断を
仰いで血液培養する
とかの原因追及が始まる。

これは私自身は38度線
の攻防と呼んでいた。
38度ギリギリだと何度か
測って37度台になるのを
願っていたこともある。
実際は熱の原因を早く
検査してもらった方が
良いのだが血をたくさん
抜かれるのはやはり嫌
だったのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1240-40f1385e

 | ホーム |