FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
444位
アクセスランキングを見る>>


内視鏡検査 経口、経鼻 選択は


胃の内視鏡検査では
最近は経口でなく
経鼻の選択肢がある。
従来の経口内視鏡より
も細く患者の苦痛、
負担が少ないとして
急速に普及。
今では胃の内視鏡検査
の相当な割合を占める。

経鼻内視鏡のメリット
は内視鏡が細いために
患者の苦痛、負担が
少ないという事。
また検査中に会話が
できるという事とあるが、
検査中の医師と患者
との会話は個人的には
あまり意味はないと思う。

デメリットして画質面。
テレビ画面に映し出され
る画質の問題。
経口内視鏡に比べて
経鼻内視鏡の画質は
やや劣るとのこと
これは通常の観察では
問題にならないが、
微細な病変の観察に
関しては、経口内視鏡
に軍配が上がる。

最終的には
どの程度の画質が必要
かを考えることが重要。

例えば・・
癌のリスクの低い若い方
が、胃痛のため、胃潰瘍
や十二指腸潰瘍を疑って
胃カメラを受ける場合は、
細径のスコープでも十分
に発見することが可能
でしょう。
一方で、胃癌1次検診
(バリウムの検査)で
要精密検査と言われ、
胃癌2次検診として
胃カメラを受ける場合、
小さな早期胃癌を検索
するため画質が高い
スコープほど有利になる
でしょう。
ここに挙げたのはあくまで
例えなので、それぞれの
方に合った内視鏡検査は
医師とよく相談する必要
があります。
とある。

病変があり、経過観察
かつ生検が前提の私の
場合は今は経口の方が
確実と言えるのだろうが、
技術の進歩が常識を
覆してくれるはずである。
実際8Kテレビと同じ理論
で8K内視鏡の試作品の
ニュースがあったので
今後の技術進歩に期待。

やはり痛い苦しいは
できるだけ避けたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1303-3fc035ae

 | ホーム |