FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


「運命」 考えさせられる言葉である


「運命」
人の意思や想いをこえて
人に幸・不幸を与える力
を意味する。
運命(さだめ)などとも言う。
運命論では、人の幸福・
不幸などは、人の力を
こえたところであらかじめ
決まっている、
と考える。

Yomi.DR記事
進行した肺がん治療は運が決める

最も進行した肺がんの4期
になると余命は「半年か1年」
と言われていた。
その肺がんの状況が変化
し始めている。
過去15年の間に新たなタイプ
の薬が登場し、従来よりずっと
長く生きられる患者や、
少数とはいえ、治癒と考えら
れるケースも出ているという。

しかしオプジーポが使えるか
使えないかは、がんのタイプ
や遺伝子で決まっている。
患者からすれば、運としか
言いようがない。
使えたとしても100%治るわけ
ではないのでこれも運である。
更に言えばがんになるなら
ないのも運の面がある。

しかしながら医学の進歩で
多くの新薬が作られ、個人
個人に最も効果的な治療法
が選択できるようになれば
必ずしも運次第でなくなる
時代が来るはず。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1306-fbcf88dc

 | ホーム |