プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
390位
アクセスランキングを見る>>


「同事」 VRの先にはこれがありそう


「同時」ではなく「同事」
最近この言葉を知る。

「事を同じくする」
道元禅師は
『正法眼蔵』の中で、
同事の「事」について、
事とは、礼儀作法・
立ち居振舞い」
とある。

たとえば、小さなお子さん
と接する時どんな態度で
接するか。
膝をついて、子供の目の
高さに視線を合わせ、
出来るだけ子供でも
分かるような言葉使い
で話をする。
このように、相手の姿や
立場に自分を合わせる
行いを同事という。

個人的に今後のAIや
センサーに期待するの
はVRより先にあると
思える同事体験。

病気やけがの人に対して
同じ経験をしたかで行い
や言葉がけが違ってくる。
未経験者でも「同事」と
言えるような疑似体験
ができればと思う。

先生や看護師さんに痛み
や苦しみを言葉で表現する
代わりに同事体験で他人
がわかってくれると言葉で
説明が要らなくなる。

入院患者の見舞いでも
入院患者と同じ痛さや
苦しみを少しの間経験
できるようになれば今は
どうというような患者に
とって一番答えにくい問題
で悩まなくて済むし、
今が頑張れる状態なのか
頑張れない状態なのかも
わかって貰える。

認知症の人に対する同事
体験によりヘルパーさんや
介助の人の行動や考え方
が変わると思う。

個人的に今欲しいのは
生後半年過ぎた孫が泣く
のであるがその理由を
知りたい。
同時に同事の体験できれ
ばどう対処すれば良いか
わかると思うのである。

夢のような話であるが今は
こういうことが現実になる
時代だと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1327-56d98caf

 | ホーム |