FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


がんになってからの食事問題


AREA.dot記事

がんになった記事で有名な
野上さんのコラム
抗がん剤治療で味覚障害や口内炎も… 難治がんになってわかった「食べる」ということの意味

記事的に話が色々飛んで
いるので飲みにくく残念な
部分がありますが食事面に
関してはうなずける部分
が多くあります。

私も病後の食事に関しては
同じような経験をしている。
抗がん剤の味覚障害が今まで
の味を感じさせてくれない。
塩味も醤油味も感じない。
従ってラーメン系は美味しさ
を感じる種類のものはなくなった。
しかしながらソース味は感じる
ので焼きそばは美味しく食せる。
今までの人生の経験を無き
にする時期であった。

もう一つは移植後、味覚障害
が消えても今度は食事量が
食べられないのである。
病気前は当然のように大盛り
を頼んでいたが病後は少なめ
にしても食べ切れない。

それどころか食事の時間になって
もお腹が減らない、もっと悲惨
なのは今日は食べれそうと思って
食事を始めて直ぐに箸が止まる。
これは食事を用意してくれている
奥さんに対して大変申し訳けない
気持ちになった。

食べたくないと行っても何が食べ
られるかを聞いて考えて食事を
作ってくれ、たまにあれが食べ
たいと言えば作ってくれるが、
それが食べられないのである。
頑張っても3口とかの時もあった。

今は病気前までとはいかないが
味覚は戻って、量も普通まで回復
している。特にNG食品もない。

好きなものを食する事ができる
という普通の事が幸せはと感じ
るのはそういう状況になった
経験がないとわからない。
最後まで口から美味しく食せる
人生がやはり理想である。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1360-cf105217

 | ホーム |