FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
178位
アクセスランキングを見る>>


海外旅行 トラブル 日焼け注意なのに激しく日焼けする


海外旅行中にビーチで
終日過ごす日があった。

移植後はUV注意という
か厳禁と常に言われて
いるので上着、帽子、
当然日焼け止めを十分
塗って対応。
骨髄移植直後は海水浴、
プールや大浴場もNG
だった。
今でもそれらは出来るだけ
守っているので海に行って
も泳ぐつもりはなかった。
従って私は日影で荷物の
番人である。
しかし折角海に来ている
のでたまに足を濡らしに、
また写真係として海へ足
まで入るという行動はして
いた。

結果はどうであったか。
手や背中や顔はUVからは
無事に守った。
しかし見事に部分日焼け。

足首から足先だけが
日焼けとなる。
特に両足の甲は悲惨な
ほど焼けた。
気が付いた時には既に
遅し。

次の日は帰国日。
既に少し痛いがまだ歩く
ことは少々支障が出る
程度で帰国は無事できた。

しかし帰国翌日からがひどい
状態になる。
水疱までできて歩くどころか
立っているだけで痛く辛い。
5日程過ぎて左足甲はほぼ
完治したが右足甲は完治
まで10日以上かかった。

この失敗の原因は足先へ
の日焼け止めも塗っては
いたが午前中は足先だけ
直接陽に当たっていた
時間があった。
身体は途中でも塗りなお
したが足元は少し疎か
あった。
それに加えて足先だけは
何回か海に浸かって、砂も
付いたので十分拭いて
おらずレンズ状態にもなって
いた可能性大である。
日焼けには足の甲のケアも
大切と凄く痛く、辛い思いを
して知ったことになる。
また移植後の皮膚のダメージ
もこういう際にも現れるという
実感をしたのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1362-9269dcfe

 | ホーム |