FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
178位
アクセスランキングを見る>>


海外旅行準備編(2) 不安な事 薬の携帯、金属探知機


病後初の海外旅行で今まで
にはなかった心配事が二つ
あった。
いずれも病気になり、手術を
受けたからこそのもの。

(1)毎日飲む薬の携帯
(2)金属探知機の反応

(1)薬の持ち込み
現在服薬中の薬は種類
も量も多い。
病気の説明位は英語で
出来るとしても、持参した
各々の薬は日本語でも
説明できない。
血液内科受診後に処方箋
をもって薬局で相談。
後日の郵送で良ければ現在
処方中の薬の英文の説明書
を送付してくれるとの事なので
お願いする。
また眼科や皮膚科からの
薬は「薬の検索」で英文が
ついているサイトから
英文説明部分をプリントアウト
して持参した。
薬局からのものは飲む頻度
が書かれているので量の多さ
の理由には良いが薬自体の
記載内容は少しプアな感じ。
一方検索した方は記載内容
は充実している。
ということなので血液内科の
薬の英文もプリントして薬と
共に携帯した。

(2)口腔がん治療による手術
で顎に金属プレートが入って
いる。
手術後はまだ飛行機の搭乗
もしていない。
従って金属探知機がどう反応
するか不明。
医師からは反応する人もしない
人も居る
(探知機の感度の違いもある)
ので心配ならばその場で説明
できるような証拠を持っていく
のが良いでしょうと言われ
ので手術後に撮ったMRI撮影
写真を持参した。

結果としては
持参した薬が問題視される
ことは無く、
成田出発も韓国出発時も
金属検査は一度も反応せず
止められることなく通過。
従って準備したものを使うこと
は無かったが今後の旅行
セットに加わることになる思う。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1363-f5cc8992

 | ホーム |