FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


障害者雇用率水増し 疑問点多し(1)


この夏、複数の中央省庁
や地方公共団体における
障害者雇用率が水増し
計上されていたことが
表面化し報道されている。

この報道を耳にした時から
良くわからない事や理解
できないことが多かった。

確かに目標とする数値が
達成出来ているように長い
期間都合よく処理していた
ことは悪い。
担当者もまずいと思っていた
人も居ると思う。
でもそうしないといけない、
現状では目標達成出来ない
環境や理由もあったのかも
しれないと考えてしまう。

本報道にかんする疑問。
今回はそもそも障害者の
定義や範囲はどうなって
いるのか。
どういう症状が対象できる
誰をカウントしているのか
という単純な疑問から。

現行の法律では「障害者」を
一口で定義したものはなく、
障害者雇用については、
「障害者雇用促進法」
で規定。

●障害者
「障害者」とは、
「身体障害、知的障害又は
精神障害があるため、長期
にわたり、職業生活に相当
の制限を受け、又は職業生活
を営むことが著しく困難な
者をいう」
とされています。
つまり、障害の種類を問わず、
職業生活上の困難を抱えて
いるすべての種類の障害者
が、この法律の対象となります。

この中で自分に関係するのは
身体障害者。
●身体障害者
「身体障害者」とは視覚障害、
聴覚・言語障害、肢体不自由、
内部障害がある人。
具体的には、身体障害者障害
程度等級表の1~6級までの人、
および7級に掲げる障害が
2以上重複している人をいう。
そのうち1~2級に該当する人、
または3級に該当する障害を
2以上重複していることで2級
とされる人は
「重度身体障害者」とされます。
「重度身体障害者」の雇用率の
算定にあたっては、1人を2人の
障害者とみなすことができる
などの特別措置が取られる。
身体障害者であることの確認は
「身体障害者手帳」の所持、
または「規定の診断書」によって
なされます。

「身体障害者手帳の有無」
あるいは
「既定の診断書」
が障害者としての証明書。

障害者雇用促進法における
障害者とは、障害者手帳
(身体、知的、精神)を保有
する人が対象となるので、
障害がある人でも障害者
手帳を持っていない人に
ついては基本障害者雇用率
制度の対象外。
ということは障害年金3級に
認定されているが障害手帳
を持っていない自分のような
人間は身体障害者とは
カウントされないことになる。

まずは障害者の範囲がこれ
で良いのだろか、
世界と比較してどうなのか、
それを理解しないと他国は
高いとかの比較は出来ない。
それに加え障害者の確認
方法がこれだけではダメ
だろうと感じる。

私も移植後に手帳の申請を
考えたが白血病でその後の
GVHDがひどいとか、
ヘモグロビンが少なく息切れ
するとかはだけでは対象と
なる可能性は低く、労力を
使ってチャレンジする意味を
感じなかった。
それよりも障害年金の方に
労力を使った。
この年金と手帳の2つが全く
違った物であり、それぞれに
申請が必要というのも問題。
重複作業、で判断基準も全く
同じではないとかの仕組み
をまず変えてもらえばもう
少し実態を反映できるよう
になると思う。
(これは縦割り行政の弊害。
年金は現金給付、手帳は
各種サービスの提供に
なるので目的が違うこと
はわかるのであるが)

手帳主義という明確な線引き
があるので調べれば今回の
ように資格がない人をカウント
していたかどうかがわかる
のである。
それにより実際は障害者に
当たらない人がカウントされ
ている場合もあるが、逆に
障害手帳を貰える程の障害
があっても申請せずに働いて
いる人はカウントされないと
いう事実もあるはず。
従って今回出た数値が実際
の障害者の数を表すもので
もないはず。

まずこの基本を知るべき。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1369-4aa04832

 | ホーム |