FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2042位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
658位
アクセスランキングを見る>>


2人に1人はがんになる 将来は罹患率100%を超えると予想


国立がん研究センターがん対策
情報センターの2013年データに
よると、生涯でガンと診断される
確率は
男性で62%、
女性で46%。
これが
「日本人の2人に1人が
ガンになる」
という根拠。

最近は保険のCMとかでも
言われているので言葉や
数値は浸透している。

でもこの数値は生涯確率。
長生きすればするほどがん
になる人が多くなっている。
と簡単に推測される。

年齢別に見るがん罹患率
はどうだろうか。
調べると
50歳で5%位
60歳で10%位
70歳で20%程度。
それ以降の年齢で急上昇。
確かに今まで周りを見ても
同じ年代で2人で1人がガン
という状況ではなった。

50歳の同級生で20人に1人、
60歳の同級生で10人に1人、
70歳の同級生で5人に1人、

と言われればだいたいそういう
感じだと納得できる。
私も50-60歳間の発病である。

2人に1人がんになるのだから
がん保険をという宣伝であるが
年代別の罹患率を理解してから
入るかを考えるべきと思う。
でも死亡保険よりは確率は高い
とは言える。

もう一つ、
私のような多重がん患者は
どうカウントされるか。
2つのがんになれば1人で
罹患数は2なのでダウルカウント
されることになる。
多重がん患者はがん患者の
1-2%と言われているので今は
全体の罹患率の数値に大きく
影響はしないが、人生100年
時代になるとがんになっても
医学の進歩で食い止められ、
その後他のがんになるという
多重がん罹患者が増えるはず
である。
そうなるとがん罹患率が100%
を超える時代が来るのでは
ないかと予測している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1377-15088487

 | ホーム |