FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
178位
アクセスランキングを見る>>


最善を期待し努力をしながら最悪の準備もする


緩和ケア医の文章ですが
人生全体にも通じる言葉
だと思います。

PRESIDENT Online
樹木希林の死に様が
"カッコよかった"ワケ
緩和ケア医が語る
「素敵なご臨終」
永寿総合病院がん診療
支援・緩和ケアセンター長、
緩和ケア病棟長
廣橋 猛
樹木希林の死に様が"カッコよかった"ワケ 緩和ケア医が語る「素敵なご臨終」


以下引用
「素敵なご臨終」
のために必要なこと
(1)「最善を期待しつつ、
最悪に備える」
(2)「自分の死に方について考え、
話し合っておく」
(3)「人生において最も大切な
ものを知る」

特に(1)については全く同感。
がんになった人の中には絶対
治す、元に戻るんだと強い
意志の人が多いと思います。
実際には戻れる人もいれば、
幾ら強い意志や頑丈な体が
あって頑張ってもダメな人も
いるのが現実である。
物事に絶対はないので
最善を期待して取り組みをする、
同時にもしもの時、最悪に備える
準備も一緒に行う。
重要な事である。

がんになり当初の治療中は
こういう考えで行動していたが、
再発がなく普通に近い状態で
生活できるようになるとこの
まま不死になったのではない
かと勘違いしてしまい準備した
ものの更新を怠ってしまう。
既に古い状態になっている
情報も存在する。
断捨離も継続しないと物は
増えてしまうと同様に情報
や希望も最新にしなければ
正しい物ではなくなるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1381-fab8c2f7

 | ホーム |