FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


GVHDに対するiPS細胞を使った治験申請


以下引用
富士フイルムは人工多能性幹細胞
(iPS細胞)を用いる移植医療の
臨床試験(治験)を平成30年度中
に厚生労働省へ申請する方針を
明らかにした。
治験の対象は白血病の治療で
骨髄移植を受けた患者の約4割が
かかる合併症
「急性移植片対宿主病」

記事は以下
SankeiBiz
iPS医療、富士フイルムが治験へ 企業初、年度内に国へ申請

移植で助かった命がGVHD
で危うくなる、あるいはQOL
が極端に落ちた生活になる。
これは命が優先順位一番
なので仕方が無いとあきらめ
なければならない部分はある
とは思う。

しかし命を助ける医療と共に
QOLを落とさない医療が今後
は必須であり、GVHDで苦しんだ
経験からこの治験には大いに
期待。

病気をしないことも重要である
が病気をした人がより良いQOL
で過ごせることも健康寿命を
伸ばすのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1383-32bce74c

 | ホーム |