FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
315位
アクセスランキングを見る>>


食道がん 追加検査で治療方針を決める


前週に食道がんと告知され、
再検査して治療方針を決める
という事で内視鏡検査を受け
に行く。

生検を覚悟で行ったのだが
生検はなしでがん部位と
周辺部や血管の観察。

検査して1時間の安静後に
主治医からの説明を受ける。
結論は内視鏡で切除出来る
範囲のがんである。
病名は「胸部中部食道がん」
部位は口から28cmの場所。
ステージで言えば0期あるいは
Ia期と思われる。
範囲は全体の1/4周程。
血管を見てもリンパ節への
影響はほぼないと言える。
と告げられる。

私自身内視鏡での手術が可能
であればなるべく早めに手術
したいと考えていたのでその場
で主治医の手術可能な最速日
で予約をする。

手術日は10月末予定。
手術日前日の入院。
入院は1週間から10日
を予定。
手術までに特に気を付ける事
があるかを尋ねると別にない
ので普段通りの生活をして
くださいと言われる。

帰りに入院のための手続きを
して帰宅。

告知後も基本今迄と何も変わら
ない日常を過ごしている現在で
あるが何か行うときにこれは
普通の生活と比較してどうな
のかと考えてしまうこと自体が
普通の生活とは言えないのかも
しれない。
一方で精神的には過去のがん
に比べて一番穏やかな気持ち
なのではあるが完全に平静とは
言えず悟りの境地には程遠い。

普段通りに平静に生活をする。
簡単であれがゆえに逆に考え
過ぎて行動や心が少し乱れて
しまうのが人間であると思える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1388-62a844e5

 | ホーム |