FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
215位
アクセスランキングを見る>>


食道がん 内視鏡での治療方法はESD


検査後の医師との会話。
内視鏡での治療には複数方法
があると知っていたので今回は
どのような方法を採用するのか
を聞く。

ESDですとの回答。
ESD:
「内視鏡的粘膜下層剥離術:
Endoscopic Submucosal Dissection」
食道や胃、大腸の壁は粘膜層、
粘膜下層、筋層という3つの層
からできていますが、がんは最も
内側の層である粘膜層から発生
するため、早期がんの中でもさら
に早期の病変に対して、胃カメラ
や大腸カメラで消化管の内腔から
粘膜層を含めた粘膜下層まで
を剥離し、病変を一括切除する
治療法。

従来良く使われていたのはEMR
(内視鏡的粘膜切開術:
endoscopic mucosal resection)
スネアと呼ばれる輪っかで切除
していたが、切除できるサイズ
に限界があり、しばしば分割切除
になるため、正確ながんの進行度
の評価ができず、がんが残ったり、
本来は追加手術しなければ
いけない病変をそのままにして
しまったりすることで再発を招く
事があった。
EMRの弱点を克服した治療法が
ESD。

ESDの適応範囲
「リンパ節転移の可能性が
ほとんどなく、腫瘍が一括切除
できる大きさと部位にある」
こと。

治療法を聞いて今回見つかった
がんについての深刻度の程度
は理解する。
でも見つかった部位はそうでも
他の部分に隠れていて見つけ
られていないない部分がある、
リンパ節への影響がある可能
性はある。
ステージが浅く、治療が無事
終わっても楽観できない。
今迄の経験からがんには完治、
根治を証明できる技術は今は
無いと感じているからである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1389-ca841ad1

 | ホーム |