FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


食道がん 告知までの経緯


この場で以前から書いてきた
ことではあるが一度まとめる。
2年ほど前の血液内科の
診察時に腫瘍マーカー(CEA)
が高い、最近胃に少し不調感
があると伝えた。
一度内視鏡検査(胃カメラ)を
受けたほうが良いと言われ、
消化器内科の先生を紹介され
2017年1月に内視鏡検査を
受ける事になった。

消化器内科の先生は経過から
初回検査時は胃を中心に考え
ていたが食道に炎症があると
いうことで生検を実施。
結果は悪性所見は見られず
白血病の骨髄移植前の放射線
治療の影響が出ている可能性大
ということから
「放射線食道炎」
との病名を伝えられる。
放射線治療を受けた人に多く
見られるとのこと。
悪性になることもあるので定期
的に内視鏡検査で経過を見た
方が良いとの結論。

2017年は1月、6月、11月
2018年は5月と定期的に
検査を受けた。

毎回生検をするが悪性判断
は出ず。
先生からはどう見てもがんに
見えるが病理検査ではがん
とは出ていないので短間隔で
検査を継続すべきとの事。
一方、最近はp53陽性細胞が
増加しているとの結果も出て
いるのでよりグレーな判断に
なって来ていたのも事実。

今年9月の検査で初めて悪性
と判断される。
今迄一番可能性のありそうな
部位とみていたより少し離れた
部位を生検にしたことによるもの。
放射線治療の関係で食道部に
多くの炎症部分があるよう。

この2年、短い期間にこれだけ
検査して病理検査もしている
のでがんであれば早く見つけ
て早期のうちに治療したい
いう気持ちが強かったので
やっと見つかったかという
気持ちである。

白血病後にも定期的な診察で
2ケ月に1度の血液検査と問診
を受けていたことにより2年前の
診察時の会話が無かったら検査
自体をしていなかったので発見
が遅れていた可能性大である。
実際その後胃の不調や特段の
自覚症状は無いからである。
定期的なフォロー外来の中で
少しでも気になっていることは
言っておくべきということが教訓。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1390-3bcba022

 | ホーム |