FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


将棋 羽生竜王 100か0かの番勝負


将棋の第31期竜王戦。
七番勝負が始まった。

1年前に羽生さんが竜王を
奪還し永世七冠となり話題
になった。
そしてその後に国民栄誉賞。
羽生さんは昨年の竜王戦で
通算タイトル獲得数も99回と
なり永世七冠の次には100
タイトル獲得にリーチ。
しかしこの1年間で名人挑戦
も佐藤名人に敗退、
棋聖のタイトルを持っていた
が豊島さんに敗れ失冠して
現在は竜王のみ保持。
従ってこの竜王戦に勝つと
100タイトル獲得であるが負け
れば無冠すなわち0になるので
ある。
基本現役中は永世称号を名乗
らないので負けたら羽生九段と
呼ばれるのだろうが、将棋ファン
からすれば羽生永世七冠と
呼んで欲しい。
確かに今年4月からの羽生さん
の勝率が5割しかないという
こと自体が今迄では考えられ
ないことなのである。
若手の台頭、AIでの勉強法開発、
加えて流石の羽生さんも既に
48歳、もうすぐ50歳という年齢。

・羽生が防衛すれば、自身が
持つタイトル獲得数歴代1位
の記録を更新した上に、100の
大台に乗せる
(2位は故・大山康晴十五世名人
の80期)。
1989年、羽生は19歳で初めて
のタイトルである竜王を獲得。
翌年11月に失冠して無冠に
なったものの、91年3月に棋王
を獲得し以来27年6か月に
わたってタイトルを保持し続け
ている。

年間タイトルは7つ(昨年からは8つ)
28年間で考えれば200回程の
タイトル総数(正確には昔棋聖戦は
年2回の時期があった)であるので
その約半分を羽生さんが獲得して
いると考えると凄い。
数年前に10数年間のタイトル戦の
星取表を羽生さんと羽生さん以外
の棋士で作った表があった。
羽生さんの白星の方が多かった
ことを鮮明に覚えている。
羽生さんライバルは個人ではなく
その他全棋士だったのである。

竜王戦は第一局が終わり羽生竜王
の先勝。
野球の日本シリーズと同じで7局中
4勝した方がタイトル保持者になる
のでまだまだ先が長い。
実際今年の名人戦も2勝1敗としな
がら最後3連敗している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1391-0ad3e68a

 | ホーム |