FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
333位
アクセスランキングを見る>>


損だと言われている月またぎの入院を選択した理由


今回の入院は月末から。
退院は月初めなので完全
なる月またぎ。
長年の通院、多くの入院、
ファイナンシャルプランナー
として知識もあるので高額
医療費の面から入院は月
を跨がない方がお財布には
優しいということは熟知は
している。

今回の入院日は最終的に
自分で選択したので1週間
ずらせば月初めの入院に
することは出来た。
でもその選択はしなかった。
理由はただ一つである。

「最短の治療可能日を選択」
一般的ながんの場合は1週間
程度遅れてもその差は問題に
ならないことも知っている。
実際告知時に、このまま治療
しないとしたらどうなりますかと
質問した。
1ケ月程度であれば今とほぼ
同じ状態、6ケ月後ではどう
なっているか予測できないと
言われた。

術後に再発、転移、予後不良
になった時に治療開始日の
選択が最善だったのだろうか
と悔いる余地が無いようする。

仕事を辞めた理由も体が
最重要と考えたためである。
体調をなるべく崩さない、
体調が悪ければ休める、
直ぐに病院に行ける、
更に直ぐに入院もできる
状況にしたのである。

そういうことから金銭面の理由
から最短で治療開始をしないと
いう選択肢はなかった。
ファイナルシャルプランナーと
してのお金の面からの提案は
理解は出来る。
でもその選択が将来に渡って
正解かはわからない。
しかし上手く行かなければあの
時こうすれば良かったという悔い
が必ず残る。

がんに対する治療法は選択肢
があり最終的には自分で決め
るが時期も選択である。
(白血病は即治療開始だから
完全に別格と言える)

本当にお金の面で苦しむ人が
制度の関係で最速での治療を
受けられないのであれば制度
を変えるべき。
具体的には今の高額医療費
の月度清算方式を変えるとか
低所得者の医療負担を更に
低くするとかである。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1394-b92abbdc

 | ホーム |