FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
178位
アクセスランキングを見る>>


がんになったのは不運 そう思う方が気が楽である


がんはなぜできる?
がんはなぜできる?みんなの誤解に苦しむがん患者達

・遺伝的要因
・偶発的要因
・環境要因

に分けて説明している。

自分の経験からも既に
がんになってしまったら
何故とか何が悪かった
とか考えても殆ど意味
がないし、昔に戻って
人生やり直すことも
できない。
更に精神衛生上も全く
良くない。
如何に治療するか、
今後どうするかを考える
べき。
私も白血病と告知され
た時に何が原因として
考えられるかを尋ねた
が先生からは今の医学
では不明なので今後の
治療の事だけを考えま
しょうと告げられた。

もちろん環境要因は除去
する努力はすべきである
が過去を悔いても、反省して
もがんが無くなってくれ
る訳ではない。

実際に
酒やたばこはやらない、
食生活に気をつけている、
十分に運動をしている、
人でもがんになるし、
逆の生活でもがんになら
ない人もいる。
運が悪かったと諦めるの
も肝要。

自分自身は複数のがんに
なったのでこれだけ不運
が続いているので1度位
は大きな幸運が来るの
ではと思い毎週ネットで
宝くじを買っているがまだ
当たるどころかかすりも
していない。

でも再発、転移がない事、
これだけがんになっても
その後の命がまだある事
に大きな運があると考える
ようになった。
生きているという幸運が
あるからこそ複数回の
がんになれたのだと。

しかしこれから先はどう
なるかはわからない。
何しろ運次第だから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1395-ae451f9b

 | ホーム |