FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


がん治療 手術、化学療法、放射線治療


消化器外科医
武矢けいゆう(ペンネーム)
「外科医の視点」より

がん治療には
手術、化学療法、放射線治療?
https://keiyouwhite.com/cancer-treatment

各治療の特徴が書かれてます。

口腔がんの時、放射線科の
先生へ相談に言ったと時、
(正確にはサイバーナイフ)
手術で切ることが出来れば
それが一番確実です。
との会話があったので最終的
に除去手術に決めた経緯を
思い出す。
手術できないと言われて最後
ここに来る人が多いんだよね
という言葉もあった。
他の方法が無くて最後の望み
でくる患者が多いと決して治療
成績はあがらないだろうと思った。

それ以来がんの病院別治療成績
の見方も変わる。
助かる可能性が少ない人には手
を差しのべない。
治る可能性がある患者のみを選別
すれば当然治療成績は上がるの
である。
そこを見極めるのは難しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1401-909457cf

 | ホーム |