FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


体重変動 食道がんの入院前後および白血病後8年間


退院から1ケ月を経過。
今回の食道がん入院
前後における体重変動
を記す。

・入院前日54.3Kg
・退院当日52.0Kg
入院前は冬眠前の熊の
ように少し無理して食べ
たので最近の最高体重
で入院。
治療および入院中の
プチ断食やカロリー
コントロールされた
食事のおかげで特に
苦労せず減量できた。

ここからは今までの
病気における体重変化。

8年前白血病になる前の
体重は63Kg前後。
白血病になり寛解導入、
地固め治療での抗がん、
移植前処理の全身放射線
治療を経て骨髄移植当日
には既に10Kg減。

移植後、食欲や食事量も
なかなか回復せず肺炎等
の入院、歯肉がんも重なり、
山谷もあったが最低時は
白血病から5年後、今から
3年前の秋に36Kg台の最低
値にまで落ちた。
数値だけだと体温と体重の
区別が全くつかなくなった。
減少比率でいえば病前から
40%以上減。

移植後のフォロー外来では
なかなか体重が戻らない人
も多く、もどるのに2-3年か
かる人もいるとは聞いては
いたが最低体重が移植5年
後に訪れるとは全く予想外。
体脂肪率も最低時は5%台。
その頃は命の危険も感じて
慌てて高カロリー飲料とか
買い込んで飲んでいた。
その後少しずつ食べられる
ようになるとその後は1ケ月
に1Kg増ペースが1年程続き
一気に50Kg近くまで回復。
その後も少しずつ増えて
今年は52-53Kg台で推移
している。

今回の入院では治療後の
食事の取りにくさ、食欲減退
はなく退院後は速攻で1Kg
程度戻るがそれを今もほぼ
維持出来ている。
普通に食生活が出来、今の
体重であれば良しとしている。
ちなみに今の体脂肪率は
日々結構変動があるが
15-17%の間で推移。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1403-a4a6f9b4

 | ホーム |