FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


食道がん Day1 


朝に採血とレントゲン。
熱が37.4度あるのが不安
材料。
点滴は続く。
レントゲンはまだ歩いて
はいけないので車椅子で
送り迎えしてもらう。

検査の結果昼食前に飲食
止めが解除されヘッドから
離れることも許可される。
主治医から昨日治療自体
は問題なく終わった。
今回切り取った部位を検査し
十分に取れているか調べる。
その結果は1週間から10日で
出ると言われる。
十分取り切れていなければ
次の策を考える必要がある。

飲食禁だったが点滴のおかげ
か空腹感は感じなかった。
今日は潰瘍食でゼリー類が
12時15時18時と3回出される。
合わせて粘膜保護剤が始まる。
(スクラルファート内服)
飲む前後30分は禁食禁止
の内服薬である。

体調としては胸に少し違和感
がある。
痛いとはいかなくても重くなにか
不快感があるという表現しにくい
状態。
主治医からは人工的に潰瘍を
作ったので治るまではそのよう
な症状が出る場合があるが
時間とともに消えるはずと
言われる。
胃潰瘍とか似ているようだが
なったことがないのでそう言わ
れても良くわからない。

少し発熱気味である、まだ
点滴がつながっているので
終日ベッドで大人しくして
過ごした。
夜平熱になり一安心。
また夜中に点滴が終わり
身体的にも自由度が増す。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1408-617b11e9

 | ホーム |