FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
178位
アクセスランキングを見る>>


食道がん治療後 スクラルファート内用液継続中


治療翌日から出された薬は
スクラルファート内用液10%

「日医工」より抜粋
基本情報
スクラルファートがペプシン
の活性を抑制し胃が荒れる
のを防ぎ、炎症や潰瘍を起こ
している部分に保護層を形成
することで胃液から炎症部位
を守ります。

効果・効能・作用
・胃潰瘍,十二指腸潰瘍
・下記疾患の胃粘膜病変
(びらん,出血,発赤,浮腫)
の改善
急性胃炎,慢性胃炎の急性
増悪期副作用

主な副作用は便秘、嘔気。

食道がん治療で出来た
潰瘍になっている部分を
守るという事のようである。
前後30分飲食は禁止。
退院時に次回の外来まで
の量が出された。
1日3回、72日分となった
のでとにかく大量である。
生まれて初めて納品され
る段ボールそのままで薬
を渡される。

入院中は食間でも大きな
問題はないが退院して家
にいると忘れそうになる。
ましてや外出すると猶更
である。
前後に飲食できないので
食後はもちろん、カフェで
一休み時でも飲めない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1410-d5df9969

 | ホーム |