FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
178位
アクセスランキングを見る>>


食道がん 除去検体の大きさは25mmx15mm


今回のESDにて食道から
剥離除去標本の大きさは
25mmX15mm。
1/4周程度の切除になる
とは聞いていたが実際に
どれくらいの大きさになるか
は想像できていなかった。

・検体の病理検査報告抜粋
検体は25x15mm大、
15x8mmのヨード不染帯を
認める。
不染帯に一致して異型上皮
を認めるががんとするほど
の異型認められないが一部
に扁平上皮がんを認める。
深達度はEP。
水平断端、垂直断端はがん
成分、異型成分いずれも陰性。

一部にがんが認められたが
異型上皮も問題が無いという
ことではないらしい。
異型上皮が問題になるのは
以下のような理由。
食道における発癌から発育、
進展には形態学的に正常
上皮から異型上皮、異型
上皮から粘膜癌への過程
を経ることが明らかになって
きている。

また深達度EPとは
癌腫が粘膜上皮内にとど
まる病変であることを示す。

一番安心出来たのは水平、
垂直断端が陰性であること
である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1419-63f7042c

 | ホーム |