FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
215位
アクセスランキングを見る>>


サステナブルな健康保険制度へ思うこと


8年前の入院の時から
毎回感じていること。
入院患者の多くが私の
年齢より高い。
8年前は私も50歳台前半、
入院患者の中では当然
若い方であった。
そして60歳になったが
入院すると相変わらず
私より年上の方が多い。
そして後期高齢者領域の
人も結構見かける。
これで健康保険制度が
サステナブルでいられるの
かに大きな不安を感じる。

後期高齢者医療制度や
国保においては公費が50%
程度投入されて維持されて
いると聞く。
協会けんぽや組合健保は
会社も保険料負担をして
いるのでそれまで国費
投入率は高くはない。
(協会けんぽで16%位?)

保険というからにはリスク
が低い人は金額が安く、
リスクが高い人は金額が
高く設定されるのが民間
では当然である。
しかし健康保険は年齢を
重ねて病気のリスクが高く
なるにつれて収入が減る
こともあり保険料も診察料
も払う金額が少なくなるの
が一般的。

さらに医療の進歩により
助かる命も増えますます
長寿になるがそれにより
医療費も増えるのである。

一方で若く元気で働いて
いる病気のリスクの低い
人が多くの金額を払って
いる。
若い人は病気のリスク
は少ないかもしれないが
大きな病気になった時に
その後の治療の長さや
生活面でも一番大変な
世代だと言える。
若い人が入院していると
これから大丈夫なのかと
心配にもなる。

筋でいえば高齢者の医療
の保険料や自己負担割合
を増やすことであるが今の
日本は完全なるシルバー
民主主義であるので票に
結びつかない。

私自身も既に働いておら
ず保険料も低額であり
高額医療費制度の上限額
も低い。
消費税を上げてもらえば、
自分も少し負担していると
いうことが言えるのだが。

今後の超超高齢化社会
を考えると直接税依存に
は限界あるのは明らか。
やるべきは消費税率Up
や財産課税と考える。

特に医療面で考えるべき
は財産額に応じた保険料
や医療費の負担。
今は多くの資産を持って
いてもその時の収入額
のみが保険料や診察料
に反映される。
果たしてこれで良いの
だろうか。

一方で若い人の自己負担
を下げる。
合わせて病気をした後の
治療や収入面に対する
セーフティネットの充実が
必要。
具体例としては障害年金
も全ての人に3級相当障害
であれば権利を与える
とかである。

将来子供や孫の財布に
これ以上手を突っ込むこと
をしない為に今後高齢者
になる人がサステナブルな
制度維持のために自身の
負担が増える痛みを受け
入れなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1420-117af8a1

 | ホーム |