FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
238位
アクセスランキングを見る>>


診断書 このパターンはさすがに初体験


今週の血液内科の外来時
に内科受付で診断書の作成
依頼を行った。

今迄には1つの病気で複数
の診断書を依頼したことは
数回あった。
会社に提出する診断書、
保険の診断書を別々に
用意する等である。

今回は
(1)食道がんの診断書
(民間の入院保険用)
(2)白血病後の障害厚生年金
の障害状態確認書

この2つが同時期に必要と
なったので窓口で2枚の
所定診断書の作成を2人
の医師へ依頼。

出す方も混乱する位なの
で受付の人が依頼先の
先生を間違わない様に
個々に説明しながら作成
申請。
記載する伝票も2枚になる
し確認の時間もかかる。

先生の記載終了後はまと
めて郵送での返送をお願い
(遅い方にそろえて)した
ので1通でもらうようになる。
返送の郵送費だけが1つ分
で済む事が唯一節約できた
事である。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1426-bd251d38

 | ホーム |