FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
215位
アクセスランキングを見る>>


アレルギー検査 結果は陰性


血液採取から1週間。
クリニックに電話で結果
が出ているかを確認して
翌日朝一で外来受診。

結果は、
エビ、カニ、アジ、マグロ、イワシ
の特定アレルゲンに対して
クラス0判定。
非特異的 IgEは23で170U/m
l以下と言われる基準値を
下回っている。
(クラスは段階的に量をわ
かりやすく示す方法でクラス
0~6まで7段階で示す。
値が高い方が特異IgE抗体
の量が多いことを示す。)

先生からは問題はないです
と言われる。

結果が出ると今迄たまたま
体調が悪かった時に食べた
とか、
移植後の経過年数で
昔はNGだったが今はOKに
なっているのかもしれない
とか
自分なりの理由を考える。

確かに骨髄移植したら0歳
になったと思って生活した
方が良いとか言われた。
身体は大人でも免疫系や
消化系等色々な部分が
0歳からのリスタートする
のだと。

上の説を補完するような
記載も見つける。

食物系アレルギーの検査
は生後2-3カ月は陰性の
ことが多く離乳食の開始
に伴い陽性になり始め
その後免疫能の発達に
伴い陽性のものが増えた
り強陽性になったりします。
2歳を過ぎると腸管粘膜が
成人とほぼ同様に発達する
ので数年すると陰性化する
ものもあります。
食物アレルギーの検査結果
は0-2歳では半年から1年位
で変化することがあります。
2歳を過ぎると腸管粘膜が
成人とほぼ同様に発達する
ので数年すると陰性化する
ものもあります。

いずれにせよアレルギーでは
という容疑は晴れたのでこれ
から少しずつ刺身とかに再
チャレンジしてみようかと思う
ようになった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1434-fc7f70c8

 | ホーム |