FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
215位
アクセスランキングを見る>>


白血病なってしばらくして患者の私が思っていたこと


白血病で12歳の子供を亡くし
た両親が、がん教育に取り組
む中学で講演した記事。

このような記事を読むと心が
痛みます。
それと同時に自分は幸運な
方に入れたのだと改めて思う。

佐賀新聞Live
白血病で逝った12歳息子の闘病語る 両親が後輩にエール 「目標持ち努力して」唐津一中で講演


本人の苦しみは経験して
いるので理解できるが私は
親族ががんになった経験
がないのでご両親の苦しみ
や悔しさは想像しかできない。

この記事を読んで白血病
経験者側の私はどう思って
いたかを書く。

抗がん剤や放射線、骨髄
移植後の体調やGVHDに
よる辛さや苦しみ、数多く、
長い入院を経験すると、
最初は何故自分がとか
思ったが徐々にこの苦しみ
を自分の子供や親や配偶者
には決して体験してほしく
無いと強く思うようになる。
もし家族の誰かがこの病気
になる運命であれば自分が
なって良かったと思うように
なる。

辛く長い治療に立ち向かえ
るのも看病してくれている人
や心配してくれるに対しては
良くなることが一番の恩返し
と思うからである。
家族や親族や親友は治療に
耐える支えになっているの
である。

看病されている方々は自分
の力が足りなかったと悔いて
いるかもしれませんが既に
患者が多くの感謝をしている
こと、同じ苦しみは親しい人
絶対に経験してほしくない
という思いがあることを知って
ほしく思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1435-1b2f6987

 | ホーム |