FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


とうそうとうそう(闘争・逃走)凍りつき反応 がん宣告された人間の反応は


野生動物の危機に対する反応
は、逃げるか、闘うか。
しかしそのどちらもできない場合
は、凍りつき(硬直・不動)反応が
起こると言われている。
この逃走・闘争・凍りつきの3つ
の反応は、生死を賭けて身体が
命を守るための防衛反応。

・闘争か逃走か反応、
( fight-or-flight response)
・戦うか逃げるか反応、、
・戦うか逃げるかすくむか反応
(fight-or-flight-or-freeze response)、
等とも言われる。

結果として『火事場の馬鹿力』
が出る場合がある。

人間ががんと宣告されるのは
生命の危機とも言える。
その後の反応は上記のように
表現するとどうなるのか。

がん告知直後は多くの人は
その場にすくむ、考えられ
ない状態になる。
まずは凍り付くのである。
そしてここから逃げたい(逃走)
と思うが実際敵は目前では
なく体の中にいるのでそこから
逃げ出せないことがわかる。
そしてそのまま凍り付く人も中
にはいるが多くの人か戦うこと
を選ぶことになる。
戦闘モードに入るのである。

しかし相手は強敵しかも
長期戦である。
何をもって勝ったと言える
かかも明確でないので、
完勝宣言ができる相手では
ないと悟る。

長期戦を戦いながら最後は
相手と仲良くして戦わずに
共存して行こうと提案する。
その間に戦闘ではなく防御
を固めて勝つのではなく
負けないようにする。
つまり引き分けを狙う。
実際がんと長い間付き合うと
がんと仲良くなったと思える
ような気分にもなる。

従って逃走の選択肢はない
が、共存とか防御が入る。
闘争、凍り付き、共存(防御)
という三択と言えそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1447-cfaf5e1a

 | ホーム |