FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
531位
アクセスランキングを見る>>


障害年金 公正さを求めると既得権が・・・・


障害厚生年金が数回継続でき
ている私も既得権として貰える
事が前提となっているので大き
なことは言えない。

「1型糖尿病」の患者が症状が
改善していないのに障害基礎
年金を打ち切られたのは不当
だとして国に処分取り消しを
求めた訴訟の判決が大阪地裁
であった。
「処分の詳しい理由を明らかに
していない国の対応は違法だ」
として処分を取り消した。

年金の打ち切りは原告の生活
の安定を損なわせる重大な
不利益処分なのに、国は簡素な
結論しか示していないと指摘。
不利益処分の理由説明を義務
付けた行政手続法に反する
とした。

等級を変更、打ち切りしたこと
ではなく、その変更理由が十分
に説明されていないことを違法
としたのである。

障害年金の問題は色々ある。

NHKハーネットの
「障害基礎年金 支給停止をめぐる混乱」
良くまとまっていると思う。

障害基礎年金 支給停止をめぐる混乱

個人的に思うことはこのような
制度に一番求められるのは
公平性である。
同じ状況なのに給付されている
人と給付されていない人がいる
ことが無いようにすべき。

もともと各地区単位で判断して
いたので結果として生じていた
不公正さをなくすために審査基準
や制度を変更した。
結果、等級が上がる人、下がる人、
新たに認定される人、給付打ち切り
になる人が出るのはある意味当然。
不公正を正すためである。

新しく支給対象になったり、等級
が上がった人もいるはずであるが
そこは報道されない。
等級が下がったり、不支給になっ
た人がいるとそれをマスコミも取り
上げる。
そこだけを聞いた人は可哀そうだ、
改悪だと騒ぎ、一転打ち切らずに
支給が継続になったりしている。
日本は既得権が強いし、弱者に
必要以上に同情する国民である。

打ち切りと言われているが障害
基礎年金2級が等級が下がり3級
相当になると厚生障害年金者に
しか3級での支給がないので減額
でなく年金自体が打ち切りになる
人が出る。
今回も障害2級相当が3級相当
と変更されたことにより国民年金
だけの人は結果支給が打ち切り
になったということのようである。

個人的に問題と思うことは同じよう
な状態の人でも今まで審査を通ら
なかった人がいるという事である。
マスコミもそこまで調べて報道して
欲しいと思う。

障害等級のおさらい
障害等級 1級
身体の機能の障害又は長期にわ
たる安静を必要とする病状によって、
日常生活ができない程度のもの。
(他人の介助を受けなければ自分
の身の回りのことができない程度)

障害等級 2級
身体の機能の障害又は長期にわ
たる安静を必要とする病状が、
日常生活が著しい制限を受けるか
又は日常生活に著しい制限を加え
ることを必要とする程度のもの。
(必ずしも他人の助けを借りる必要
はないが、日常生活は極めて困難
で労働により収入を得ることができ
ない程度)

障害等級 3級
労働が著しい制限を受けるか又は
労働に著しい制限を加えることを
必要とする程度のもの。
また、傷病が治癒していない場合
は労働が制限を受けるか又は労働
に制限を加えることを必要とする
程度のもの。

薬や医薬品の進歩、ICTの進化や
障害者雇用の拡大によって仕事が
できる範囲も時代と共に広がって
きているのも事実。
昔は2級でも今は3級、あるいは認定
外となることもあり得るものと考える
方が制度の趣旨からは自然である。

一方このような年金は自らが申請し
ないと受けられない、また申請自体
が難しくかつ手間がかかることの
方が問題。

個人的には希望者にはマイナンバー
によって保険証、診察券に加えカルテ
を一括管理して行政側が受給可能
性のある人に知らせるとかが出来れ
ばと思ってしまう。

又今回も問題になったが審査の透明
性や納得できる説明が必要である。
受けられる受けられない、受けられる
場合は何級であるかが通知されるだけ
なのである。

最後にもう一度書くが障害年金は何の
疾病やケガであろうと現在の体の状態
がどのランクであるかを公平に判断して
支給べきものである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1481-9a98b2a7

 | ホーム |